2015年

9月

12日

【開催報告】産前・産後の母親サロン@岐阜~自分たちの出産や産後の思いを語る場所~

こんにちは。マドレボニータ東海TOMOS 岐阜メンバーのエミィです。


私たちは東海地方の全ての産後女性に産後ケアを届けたい、また産後女性を取り巻く 様々な世代の人に産後ケア文化を手渡したい、と活動しています。


2月、8月と桑名市で開催され、好評だった「産前・産後の母親サロン」。

今年度は岐阜市市民活動支援事業として 、9月と11月、岐阜市でも開催されることとなりました!

今日は9月10日(木)に開催された様子をご報告いたします。


初めての岐阜市での開催でしたが、多くの申し込みがあり(本当にありがとうございます!!!) 当日は妊婦さん2名、産後の方7名、赤ちゃん7名に参加いただきました。 当日は、テレビ局や新聞社など取材に来られ、とても賑やかに開催されました。

そんな賑やかな中にも緊張感が漂う中、サロンはスタート!

 

10秒自己紹介」でお一人ずつの声を引き出すことで次第に和やかになっていきます。

 

そして「Good&New」。 自分の頭の中を紙に映し出すことができるワークです。 ペアで自己紹介することで、短時間でも相手のことが知れグッと距離が縮められます。

 

ワークで頭を使った後は、「産後に役立つセルフケア」。

肩こりのセルフケアをみなさんで行いました。
頭を使った後に体を動かすことで、身体も心もリフレッシュ!

セルフケアが終わった後は、さらにみなさんの表情が柔らかくなっていました。

赤ちゃん抱っこしながらでも気軽に行える、セルフケアでした。


そして本題。

産後の体の変化について、クイズ形式で出題していきます。


今回は出産を経験された方が多かったので、クイズもほとんどの方が正解されました。


そんな中、女性ホルモンの話で

皆さん出産のときはどうでしたか?の問いに

笑ったけど、その後が大変だった

という意見が聞かれたのが印象的でした。

残りの時間はフリートーク

皆さんそれぞれの産後の体験談をお話してくださいました。

それを聞いていた妊婦さんが

今から準備しなくてはいけない事もあるんだなと思った」 …と話してくださいました。


また、中には産後の身体のトラブルの辛さや、緊急で出産になってしまった辛い胸の内をお話してださった方もみえました。


出産の形って本当に十人十色なんです。

皆さんがすべて普通分娩とは限りません。

でも出産は○○でなければいけない産後もこうでなければいけない…など、どうしても思考や視野が狭くなりがちです。


その思いを「母親サロン」という場所で、表出できて、みんなで思いを分かちあえたのは、良かったなと思いました。


あっという間の90分が終了。終了後の笑顔が本当皆さん素敵でした!

参加された皆様、本当にありがとうございました!!!

 

最後に皆様のアンケートで「もっと話したい!」という意見が多かったので、参加者同士のランチ会も近日中に開催する予定です。

このご縁が今後も、ステキな形で繋がりますように…。

 

今日の取材は早速、その日の夕方の地元のニュースで、とりあげてくださいました!
そして、改めまして後日。放送日はまだ未定ですが、地元の市政番組の中でも今日の様子が取り上げられる予定です。

今から私たちTOMOSメンバーも楽しみにしています♪

 

 

 

## 次回の開催はこちら。申込み受付開始しました! 是非ご参加お待ちしています。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【岐阜市市民活動支援事業 採択事業】

産前・産後の母親サロン@岐阜~ワタシの体どうなるの?みんなで産後について語ろう~

●日 時/2015年11月12日(木) 10:00~11:30

●場 所/岐阜市中央青少年会館 1階 会議室1 (岐阜市明徳町11)

●対 象/現在妊娠中の方。 産後女性(2015年4月16日以降にお生まれのお子さんは同伴可。それ以前にお生まれのお子様でご希望の方は、同じ会場内の別室で託児をさせていただきます。託児利用料1人500円)。

●参加費/無料

●問合せ/マドレボニータ東海TOMOS 坂野 E-mail:tomos.madretokai@gmail.com

●申込み/ http://kokucheese.com/event/index/335991/